絵が上手いですねー!って言われるのに、なんだか評価されない気がする……どうして?

絵が上手いのに評価が低い。

ネットでイラストを見ていると、そういう感じの絵描きさんが結構居たりします。

例えばツイッターで。例えばPixivで。

「イイネとブクマがほとんどもらえない」

こんな感じで嘆いている呟きは目に止まる機会はかなり多いです。

でも、なぜそんな風に感じてしまうのでしょうか?

ちょっと不思議に思いませんか?

それでは、少しだけそのことについて考えてみることにしましょう。

 

スポンサーリンク

上手い絵とは、技術スキルが高い絵のことだよ。

掲載されいている絵を単純に上手い・下手だけで考えるのであれば、上手な絵とは、技術スキルが高い作品だよね。

単純に考えて上手いと言われる絵というのは、写実的な絵だったり、デッサンが完璧だったり、色使いが素晴らしかったり、そういった感じの作品のことです。

この場合、当然ながら描かれた作品に対しての感想は「上手ですね」という評価になりますよね。

 

魅力的な絵とは、いろんな人に気に入られる絵のことだよ。

魅力的な絵とは何かと言うと、たくさんの人に好きだといってもらえる絵のことなんだよね。

それに対して魅力的な絵が何かというと、見る人に好まれる絵ということになります。

この場合絵のスキルが発展途上であったり、形として多少崩れていたとしても、その辺りはデメリットにはなりません。

 

それって、上手いと魅力が別の物ってことですか?

さて。ここで勘が良い人なら気付いたかと思いますが、実は上手い絵と魅力的な絵は、必ずイコールになるわけではありません。

それは何故かというと、見る人の好みによって評価が左右されるからです。

そしてこの好みというモノが、SNS上での絵の評価に大きく関わってきます。

つまり、

イラストを見る側の好みによって、その絵が魅力的かどうかを判断されることがある

ということです。

先ほど、スキルが発展途上であったり、形として多少崩れていたとしても、その辺りはデメリットにはならないと言ったのはそのため。

また、交流が盛んな人の場合、相互的に評価をしあう現象が起こることもあります。

親しい間柄だからこそ、相手の絵に反応を返しやすいこともあるということですね。

 

相手を惹き付けるイラストを描くために必要なのは、技術だけというわけでは無い。

それでは、魅力的なイラストを描くにはどうすれば良いのでしょうか?

これについては具体的な答えは無いと思います。

何故なら、人の数だけ好みがたくさん存在しているからです。

ただ、好まれる絵のパターンというものは存在しています。

アニメベースのイラストが好きだと感じる人のグループ。

リアルタッチの絵が好きだと感じる人のグループ。

美しいと感じるタッチが好きだと感じる人のグループ。

勢いのある絵が好きだと感じる人のグループ。

中には、ちょっと気持ち悪い表現が好みだと思う人のグループがあったり、背景や機械などと言った無機物に魅力を感じている人のグループがあったりもします。

全てをオールマイティにこなすことは、描き始めた人にとって難易度が高いですが、一つのグループに特化してスキル上げを行えば、そのハードルはぐんと下がることもあります。

自分が好きだと思うイラストがなんなのかを具体的に考え、そのイラストが好きだと言ってもらえるグループの属することが出来れば、評価は少しずつでも頂くことが可能になるのかも?

単純に評価が欲しいだけであれば、あれもこれもと欲張るよりも、一つのことに特化してそれをとことん突き詰めた方が、モチベーションの維持がしやすいと言うこともあるかも知れません。

急がば回れ。焦ると意外と遠回りになってしまうかも知れませんよ。

タイトルとURLをコピーしました