出来ることからコツコツと。自分の描けるもののレベルは、客観的に見て把握しないとダメなんだよ。

できる事からこつこつと上達するためには

絵を描き始めるタイミングにもよるかとは思いますが、子どもの頃……それこそ小学校低〜中学年からイラストを描き始めた人の中には、人と自分のスキルの差を意識し始めるのがかなり遅かったと言う人も居るのでは無いでしょうか?

ごく稀に昔から無茶苦茶絵が上手い人がいるのは否定しませんが、基本的にみんなスタートラインに居るときの画力のレベルというものは、どんぐりの背比べみたいなものだと思います。

絵が上手い人の中には、幼い頃や描き始めた頃はとても下手クソだったけれど、今はSNSでイイネを沢山貰えるぐらい上手くなっているという人も多いです。つまり、初めから上手かったわけではなく、少しずつ上達してった結果が今という人も居るということですね。

ただ、上達のスピードは、アドバイス通りやればみんな一律で同じというわけではありません。

1ヶ月で急激に成長する人も居れば、何年も掛けてゆっくりと熟成されていく人も居ます。

本日はそんな雑感でも。

 

スポンサーリンク

イラストの描き方の本とか、サイトやPixivの講座を見て練習してきたんだけど、前と変わらないよねって言われてしまった。

絵が下手な人でもコレさえやれば絶対に上手くなります!

こういった言葉をみて、夢を持ってお絵かきを始めて1ヶ月が経ちました。

そろそろ、上達していても良い頃だろう。

この1ヶ月間、時間があるときはできるだけ絵をたくさん描いてきたのです。少しぐらい成長していないとおかしいですよね?

そんな風に思いながら絵の上手い知り合いに描いた絵を見て貰う事にしたのですが……

これ、1ヶ月前とそんなに変わってないよね

返ってきた言葉は、予想に反してこのような感じのものでした。

こういうパターンの場合、自信があった分、喰らったダメージは倍以上になると思います。

こんなに必死に頑張って毎日絵を描いていたのに、「変わってないよね」の一言で、ばっさり切られてしまってるんですよ?落ち込まない訳がありません。

ちょっと待てよ!!アドバイス通り毎日描いたんだから、少しぐらいは上手くなってるだろ!?

と、思わず食ってかかりたくなりますが、

いや。全く変わってないよ。1ヶ月前と一緒、一緒。

何度聞いても返事の言葉は全く変わりません。

それは何故なのでしょうか?

 

その練習、本当に自分にあってるものなのかな?

絵が上手くなりたいと思い調べて、見つけた様々な練習方法や考え方。

今は色んな人が自分の経験談やノウハウをネットで公開できる時代ですので、本を買って手に入れたり、教室に行って教わったりできるレベルに近い情報を無料で教えて貰える訳ですが、実はその方法が練習する側に取って最適かどうかは分からなかったりするんです。

どういう事なのかというと、

紹介している方法が、自分のスキルレベルにあっているものだとは限らないんだよ。

ということ。

部活で絵を描いたり、絵画教室に通ったり、専門学校で直接教えて貰えたりする環境と異なり、本を買って学んだり、インターネットでやり方を調べて練習する場合、基本的に作業は一人で行う事がほとんどです。

なので、お手本で示された方法があれば、それを素直に受け止め実践してしまうパターンが多いのではないでしょうか?

「毎日描くべし!」と言われれば素直に毎日描くと思いますし、「デッサンしようね」と言われれば、見よう見まねでデッサンをしてしまう。

方法としては何一つ間違ってはいませんので、確かに意味のない行動というわけではありません。

ただ、それが効率の良い手段なのかどうかは、全く別の話です。

 

分かった!と言うタイミングは人によって違う。分からないことを分からないままにしていたら、ゴールまで遠回りすることになるかも。

指導して貰える事のメリットとして、その人にあった練習方法を提示して貰えるということがあると思いますが、独学の場合、この部分は一切ありません。

つまり、作品を仕上げて公開しない限り、自分のスキルレベルを客観的に評価して貰う環境がほとんど無いということになります。

そのため、自分で行う自己評価と、他人から貰える評価に大きな食い違いがでることが結構多くなってしまうわけです。

自分ではこれくらい上手くなってるはずだったのに……

と思って落ち込んでしまうのはそのせいなんですよね。

でも、何故練習してきた事が思ったように身につかないのでしょうか?

それは、分からないことを分からないままにして練習を続けているからです。

例えば、へのへのもへじで絵を描くのが精一杯の人に対して、人を描くなら解剖学まで学ばなきゃダメだよと言われたとしても、それは簡単に理解出来るモノではありません。

物のシルエットですら上手く把握できないのです。人体の中味なんて「ほら!描けたよ!」ってはなりませんよね。

もし描けたとしても、それは精密的なデッサンやスケッチとはかけ離れた、図形に近いものが精一杯。

もっと分かりやすく説明するとするなら、ハートを描いて下さいと言われて実際描いてみるとした場合、心臓という臓器を描く人よりも、図形のハートマークを描く人の方が多いと思います。

ハートを描いてください

この場合、ハートマークという誰でも分かる図形があるので、わざわざ複雑な臓器を描く必要が無いというのもありますが、医学解剖スケッチが大好きとか、必要に迫られて描かなければならいといった理由が無い限り、心臓という臓器を描こうと思う人は少ないはずです。

では、図形ではなく臓器の方で描いて下さいと言われた場合、すんなり描き起こす事はできるのでしょうか?

そんなの無理に決まってるじゃん。

ってなりませんか?

 

あなたは複雑な図形を描くのが好きですか?それとも、簡単な絵の方が理解しやすいですか?

デッサンや模写は、実は描く情報が多いモノだったりします。

漫画やアニメタッチの絵が描きやすいと感じるのは、複雑な部分が記号化され省略されているためです。

どこまでレベルアップをしたいのかによって覚えるべき情報量は異なってきますが、描き始めたばかりの人にとって、沢山の情報が詰まった練習方法を実践しようとしても、情報過多でキャパオーバーしてしまう場合もあります。

先ほどのハートの話に戻りますが、相手に伝える絵を描くと言う意味で考えた場合、ハートは何も臓器で描く必要は有りません。

ハートマークが描ければ、それがハートだということは見る人に伝わるからです。

同じように、可愛い女の子を描こうと思ったとした場合、リアルデッサンで描くよりも、デフォルメされたイラストで描く方が好まれたりしますよね?

リアルデッサンなどは、何故こうなるのかという疑問とそれに付随する解答をワンセットで考えながら行わないと、実は余り効果が出ないこともあるんです。

それどころか、描いても描いても変な絵になるし、特に描きたいものでもないから面白くない……そんな風に感じて描くのを辞めてしまいたくなることもありますよね。

きちんと上達が感じられるのであれば楽しいと感じることでも、自信を持って発表しても下手だよねと言われてしまう人にとっては面白くない作業になってしまうんです。

こうなってしまったら、多分何をしても面白くありませんし、上手いと褒めて貰えるようになるまでどのくらいの時間が必要なのか分からなくなってしまいませんか?

 

自分が分かりやすいものから始めて少しずつ描ける範囲を広げていく方が、効率が良いこともある。

ノウハウは多数意見が最も良いものと思ったりしていませんか?

でも、他の意見にも目を向けてみて下さい。やり方の過程は異なっていたとしても、結果として目標となる目的地は同じモノだったりすることがあるかも。

上達のノウハウは、結構ワンパターンだったりします。

  • 沢山描けば上手くなる。
  • デッサンをすれば上手くなる。
  • 人に見て貰えば上手くなる。
  • 理解して描けば上手くなる。

どうでしょう?大体こんな感じでみんな言いますよね?

でも、それを実践するための方法は少しずつ違っていることもあります。

美術教室に通ってみましょうだったり、クロッキーから始めてみてくださいだったり、漫画デッサンでもいいですよだったりとなっていたりしませんか?

Aという方法は自分には合わない気がする。

こう感じたとしても、

でも、みんなこの方法が一番早く上手くなるって言ってるから、これをやらないと駄目なんだよなぁ…。

と自分に言い聞かせている。こんな感じで感じた違和感を自分から見ないように目を背けているのであれば、一度休憩を挟みましょう。

そして、別の方法が無いかを探してみて下さい。

自分が出来ない、苦手だと感じる事は、絶対に出来ない方法というわけでは無く、今は理解がしにくい、分かりにくいと感じていることだったりします。

そういう時にがむしゃらに頑張ったって、頭が理解していないため、何がどうおかしいのかに気付くことは中々難しいものです。

ならば別の方向からアプローチが出来ないかを探してみましょう。

もしかしたら、今までのやり方と真逆の方法でも、自分にとってはやりやすいと感じる方法が見つかるかも知れません。

  • リアルデッサンが難しいと感じるなら漫画デッサンから始める。
  • 人形デッサンが描けないのなら、単純な図形に置き換えてシルエットを捉える練習をしてみる。

より簡単な方法にランクを落とすと上手くなるのに時間がかかるのでは無いかと感じると思いますが、感覚で絵を理解している人で無い限り、一つずつステップアップしていく方がアドバイスをより正確に理解しやすくなるのではないでしょうか?

最終的には全ての行程を通過してゴールすることが目的になるので、ずるして近道をした結果壁を越えられないとなるよりは、自分が出来る事から一つずつクリアしていく方が、一番早い上達方法だったりするのかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました