描き方について

ルーミス先生の描き方は、初心者向けじゃない気がする。本当にそうかな?-顔の描き方編-

絵を描くときの教科書としてよく名前を聞くされるルーミス先生。初心者にオススメですって色んな人が言うけど、中には初心者向けではないよという意見も。どちらが本当なのか、ルーミス先生のアタリをみながら考えてみる。個人的には初心者向け?って感じはした。
描き方について

顔を描くときのアタリ。あの線って何のために描くんだろう?

みんながいっているから、アタリを描いて描けば上手くなるはず!でも、やってみたけど、みんなが言うように上手くならないんだけど…。そのわけは、アタリを取る意味と使い方がよく分かっていないから。どうやってアタリを使えば組み立てやすくなるのかを考えてみます。
描き方について

第一印象はやっぱり顔? まずは顔を描けるようになりたいよね。

お絵かき講座とかでは、絵を描くときは「始めにアタリを描きましょう」から説明されている事が多いです。でも、アタリを描いても上手くいかないと感じる事もあったりします。それってどうしてなんだろう?今回はそんな話です。
上達するために

今の自分が描けるものを把握していないと、練習の効果が出ないこともあるよ。

デッサンが出来ない、クロッキーが苦手。でも、それをやらないと上手くならないんだよね?って思ってしまうけど、無理にやろうとしなくても大丈夫かもしれないよ。
メモ帳

もしかして、下手な絵にも種類があるのかもしれないと思った話。

下手と言われる絵の中には、形が奇形過ぎて原形を留めていない絵と、形がある程度整っているけど微妙な歪みのある絵があるのでは?という疑問の話。
絵が上手くなりたい。でも下手なんだ。

何となくで練習してもそれって遠回りかも? 描き方は考えなきゃダメなんだってば。

絵を描くときにアタリを描くことがありますが、アタリを描くとこで何がどう変わってくるのでしょうか? 上手く形を捉えられない場合、アタリを描くことによって情報が整理しやすくなるかもしれませんよ。
絵が上手くなりたい。でも下手なんだ。

それを見失ったら方向性が分からない。先ずは絵を描く前に目標を決めておこう。

練習を頑張ると言っても、具体的にどう頑張ればいいのか分からない。そんな風に感じて途方にくれる結果、いつまで経っても行動に移せない。そんな場合は、気になるものをメモしてリスト化し、自分の興味がどこに向いているのかを客観的に見直してみると、前に進めるかもしれません。
絵が上手くなりたい。でも下手なんだ。

もう嫌だ! 描いても描いても上手くならないのは辛いんだ!

絵が上手くなりたいけれど、中々上手くなれない。一生懸命描いて見せてみても、反応はイマイチ。場合によっては下手だねと笑われてしまう。それがとても嫌で仕方ない。でもそれってどうしてなんだろう?という疑問を掘り下げて考えていこうという話。
描き方について

ロバを描きたいのに馬になる。でも、馬とロバってどう描き分ければ良いんだろう?

ロバを描きたいのに馬になってしまった!今まで意識して描いたことがないから、馬とロバをどうかき分ければ良いのかが分からない。と言うわけで、何がどう違うのかを調べてみることにします。
上達するために

絵が上手いですねー!って言われるのに、なんだか評価されない気がする……どうして?

●●さんは絵がとても上手いのに、SNSでイイネやブクマがされていない。反対に、××さんは●●さんに比べてそんなに上手じゃないのに、イイネやブクマが一杯もらえている。上手いのに中々評価がされないのは何故だろう?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました