独学のススメ − そうだ、落書きをしよう! −

独学のススメ

個人的には、落書きをすると言うことがとても苦手だと感じています。

でも、絵が上手くなりたいのなら、落書きは出来るようになった方がお得だとは思ったりもしています。

と言うわけで、本日は落書きについての話でも。

 

スポンサーリンク

絵が上手い人は落書きがお好き?

身近に絵が上手い人が居たりすると、こんなことに気が付きます。

ナカ
絵が上手い人は、よく落書きをしている気がする。

そうです。絵を描くのが好きな人って、暇さえ有れば落書きしていたりしますよね?

自分の周りにも、こういったタイプの人が結構多かったです。

じゃあ、お前はどうなんだ?と聞かれると、実はハッキリこう答えられます。

ナカ
落書き、あんまり好きじゃ無いんだよね……。

初っぱなからコレかよ!って感じですが、実は私ことナカは、落書きをすることがとても苦手です。

別に絵を描くことが嫌いなワケでは無いのですが、上手く落書きが出来ません。なので、落書きをすることにとても苦手意識があるんですよ。

とは言え、学生の頃は落書きに苦手意識があったワケではありません。暇さえ有ればノートの端、プリントの裏、教科書の隅にちょっとしたら落書きはよくしておりました。

落書きが苦手と感じるようになったのは、紙を上手く使う事が苦手なんだと自覚したからなんですが、それはまぁ、機会があればということで。

 

自分の絵は下手だから、あんまり描いているところを見られたくない。

楽して絵が上手くなりたいと考えている人の場合、描いたものを人に見られることが苦手と感じていることがあるかもしれません。何故なら、

ナカ
絵が上手くなりたいけれど、絵は下手だから描きたくありません。

という気持ちがあったりするからです。

絵を見る側としては、下手な絵より上手い絵を見る方が楽しいでし、嬉しいものです。

それに、絵を描いた以上、馬鹿にされるより褒められる方が良いのは当たり前です。なので、絵が滅茶苦茶上手い人の隣に自分の絵が並べられることは嫌だと感じますし、自分より絵が上手い人がその場に居たら、

ナカ
自分は絵なんて描いてないんだよ〜♪

と現実逃避することもしばしば。

絵を描くのが好きな友達に

一緒に絵を描こうよ!

と誘われたとしても、素直に

ナカ
いいですよ

とは中々言い切れない部分もあるのでは?

なので、気が付いたら絵の上手い人が描く落書きをぼんやり見ている状態になってしまう。そんな経験あったりしませんか?

でも、それって実は、かなりもったいない状態になってしまってるのかも。

 

落書きが苦手だから描かない。でもそれって結構損をしている事なんだよね。

では、何故落書きをしないことがもったいない状態なのかというと、こう言う理由があります。

一枚でも多く描く機会を自分で潰してしまっていますよ、ソレ。

こう考えると分かりやすいと思いますが、落書きは、意識せずに気軽に出来る絵の訓練です。

練習しよう!と思って構えるものでは無く、描きたい時に描きたいモノを描くという気軽さで取り組めるので、絵を描くというハードルはぐんっと下がった状態になるんです。

なので、落書きが大好きな人ほど、絵を描くぞ!と意識しなくても絵が描けますし、絵を描く楽しみを知っているという事になります。

落書きが出来るか出来ないかで、絵を楽しめるかどうかが結構変わってくるのかも知れません。

 

頑張れば報われる。それには頑張ることを楽しむ努力が必要なんだよ。

初めから、練習をしようと思っている全ての人間が、絵の上手い人やプロのやっている練習方法なんて出来る訳がありません。

そのレベルに到達するためには、まず初めの第一歩である、行動することというハードルが存在していたりします。

ナカ
今日は忙しいから明日から本気出す。

こんなことばかり思っていたら、いつまで経っても丸の一個も描き始める事をしません。そして、そうやって目的を先延ばしにする時間こそ、とてももったいないと感じる部分なのかも。

効率よくスキルアップするには色んな要素が必要ですが、作業の習慣化を目的とするのであれば、落書きってかなり有効的な方法ですよね。

よし!落書きをしてみよう!

から始めないと、何時までもスタートの位置で足踏みすることになってしまうことも。

絵が上手くなっていく人は、絵を描く事を苦痛と感じていません。ペンというバトンを持てば、真っ白な紙やキャンバスに向かって突っ走って行ってしまいます。

そう言う人は、体が先に動いて作業に躓いたとき、初めて「どうして?なんでココおかしいんだっけ?」とそこで筆が止まりますが、描く事が楽しいから調べればいいか!続きを描こう!となり、描けない事が苦痛だと思う事自体少ないのかも。

反対に、嫌だな、めんどくさいなと思ってしまうのは、絵を描くこと自体が苦痛だと感じているからなのですよね。同じ作業でも楽しい!面白い!だと、めんどくさいことは大変だと感じなくなってしまうものです。

だからこそ、「そうだ!落書きをしよう!」のハードルを越えられるかどうかで、その先の上達が早いか遅いかが決まってくるのかもしれませんね。

絵が上手くなりたいと思うからこそ、「そうだ!落書きしようぜ!」となりたいなと、最近は強く思うようになりました。

 

未だに落書きやるぞ!のハードルが越えられてないけれどもね。

タイトルとURLをコピーしました