独学のススメ − はじめに −

自分のスキルを効率良く上げるためには、方法を教えてくれる人、アドバイスをくれる人と出会える事がもっとも効率が良い事だとは思います。

とは言え、そういう機会に恵まれるかどうかは、運の要素もあったりします。

学校や教室に行ける環境にある、お金がある、人脈がある……という感じで、出会いにはタイミングがあるわけです。

そういったタイミングに中々巡り会えない場合、独学でスキルアップを図る方法もあります。

と言うわけで、少しだけ……。

 

スポンサーリンク

空き箱。の中の人は、どちらも独学です。

独学のススメなんてたいそうなタイトル付けてしまったけど、独学でも一応なんとかなるっていうだけの記事だったりするのだ。今回は。
確かに、教室に通ったり出来なくても、上手くはなるよね。ただ、ものすごく時間が掛かってまうけど。
とは言え、学校に行こうにも、教室に通おうにもお金が掛かるのですよ。
そこなんだよね。後は、場所の問題もあるかな? どこでそういう教室をやっているのか分からないから探せないっていうパターンもあるよね。
最近はデッサン会とかも頻繁に行われていたりするみたいだけど、それもタイミングがあるから中々難しいこともあるしね。そうなってくると、自力でやったるわい!って……なる人が居ると思う。
ぼっち作業だと、必然的にそうなっちゃうよね。
まぁ、調べろよって感じなんだろうけど、そこは今は横に置いておきます。

 

独学の良いところは自分のペースで勉強・練習が出来る。

では。独学で絵の練習をすることにはどう言う良い事があるのかというのをちょっと考えてみるです。
独学だと、自分のペースで勉強や練習が出来るね。
そうなのだ。後は、作業中は人の評価に左右されにくいから作業に集中できる……とかかな?

 

でも、独学だからこその問題点もあるとは思う。

ただ、独学だとやっぱりデメリットもあったりはするよね。
まず、目に見えて変化が感じられるようになるまで、時間はかかるね。
そうなんだよ。どういう風に改善していけば良いのかが分かるようになるまで、絵が全然変わらないまま固定されちゃう事があるんだよね。
後は、他人の目から見た評価を得る機会が減ったり、評価だけ来てアドバイスがもらえないパターンもあるかなぁって。
ネットにアップすると、イイネの数やもらったコメントでモチベーションが上がったり下がったりしちゃうしね。
その他には、資料を集めるのが難しいとか、見つけた資料が上手く使えないとかもあるかも。

 

それでも、独学で頑張って絵が上手くなることは可能なんだよね。

という感じで、独学のメリット・デメリットを簡単に上げてみたけど、効率や結果、評価を優先したいなら人に教えてもらえる環境を選ぶ方がストレスは無いし、周りは気にならない・自分のペースを優先したいのなら独学を選んでも良いんじゃ無いかなって思うのです。
ただ、独学の場合だと、何故? どうして? を上手に解消していかないと、上手くなったって実感が感じられないことも。
それを解消出来るように、気付いたことを空き箱。にまとめていきたい! と言うわけで、のんびりまとめていきましょう。そして、独学でも絵のスキルアップ頑張って行こうぜー!
おー!

 

まとめ。

この記事のポイントはこんな感じになりました。

独学で絵の勉強をするメリット
・自分のペースで作業が出来る。
・作業中は人の評価に左右されにくいから、集中が出来る。
独学で絵の勉強をするデメリット
・練習の効果が出るまで時間が掛かることもある。
・改善策が分からず悩むことも多い。
・他人から評価を貰う機会が減る・アドバイスが貰いにくい。
・ネットの評価を見てしまうとモチベーションが上がりにくい。
・資料を集めるのが難しいとか、見つけた資料が上手く使えない
デメリットの方が多い感じにまとまりましたが、やり方・考え方を工夫すれば、デメリットはメリットに変えていけると思います。空き箱。では、その辺りを考えてまとめていこうと思っています。
タイトルとURLをコピーしました